ブックレビュー

中小企業診断士試験で財務会計が苦手な人は「会計の地図」を読もう。レビュー記事

会計の地図の本

今回レビューする本は2021年3月に発売された
「会計の地図」近藤哲朗、沖山誠、岩谷誠治著
です。

「お金の流れ」がたった1つの図法でぜんぶわかる 会計の地図 [ 近藤哲朗 ]

価格:2,420円
(2021/4/16 22:18時点)

この本を
中小企業診断士1次試験で財務会計が苦手な人は勉強前に最初に読むべき1冊
として紹介します。

じょうじ
じょうじ
3年前のあせしに読ませたい本だな
あせし
あせし
その頃に出会っていれば良かったなーと思うよ。

なお、この書籍はなんとnoteで全文無料公開中です。
興味がある人はまずnoteで確認するといいかもしれません。
note : 「 #会計の地図 」全文無料公開

この本がなぜ財務会計が苦手な人に読んで欲しいのか
4つのポイントを紹介します。

1、「会計の地図」を駆使して説明し、
ビジュアル的に理解できる

本書で使われる図は「会計の地図」と名付けられた
「貸借対照表」と「損益計算書」を合体させた図です。

この「会計の地図」を一貫して使うことで
財務会計の全体を説明していきます。

財務会計は覚える用語や表が多くてウンザリしますが
この本では1つの図を使い続けるので
覚えることは必要最小限ですみます。

2、お金の流れ、全体像がつかみやすい。
「木を見て森を見ず」の「森」の説明に重点を置いている

財務会計の勉強は専門用語がたくさん出てきて
それらの暗記や計算問題に注力して各論に入りがちです。

試験勉強だけをしていては
俯瞰して全体を理解する機会はないと思います。

まさに「木を見て森を見ず」。

この本を読むと全体像がサクッと理解できます。
財務会計という「森」の全体像が浮かび上がります。

言い換えると
そもそも財務会計は
「企業のお金の流れを理解する」という「森」。

企業が
1.お金を調達して、
2.製品を売って売り上げを上げ、
3.利益を得る
という一連の流れを「会計の地図」で1つで理解できます。

森を理解することで枝葉にあたる試験問題も理解が深まります。

3、会計の地図をBS、PLの経営指標分析にも応用できる

1次試験、2次試験事例Ⅳの問1で
頻出の経営指標分析の問題があります。

これらを解くためには
負債比率や流動比率、
長期適合比率など
ややこしいい指標をいくつも暗記する必要があります。

私も式を文字で覚えていくのは苦労しました。
これらの指標の式も「会計の地図」を用いれば
ビジュアル的に理解できます!

4、減価償却の仕組みが理解できる

あせし
あせし
私は合格後にこの本を読みましたが、減価償却のお金の流れがようやく頭に入りました。
じょうじ
じょうじ
遅っ!

取得した資産を一括で計上せずに
減価償却という形で
何年かに分けて計上していくという理屈が
BSの資産の部分が減価償却費になり、PLに移行する流れが
会計の地図を活用することで
ビジュアル的に理解できました。

さいごに

いかがでしたか。

上にあげた4つ以外でも
自分が気になる点は無料のnoteで
該当箇所を見ることをオススメします!

「会計の地図」は、
全体像を把握することに注力しているので
理解しやすいと思います。
逆に、各論や詳しい話は別の本で学習する必要があります。

Noteでの無料公開で見るのもいいですし、
書籍で手元に置いておくのもよいと思います。

あせし
あせし
受験生の一助になれば幸せます!

「お金の流れ」がたった1つの図法でぜんぶわかる 会計の地図 [ 近藤哲朗 ]

価格:2,420円
(2021/4/16 22:18時点)

あせし

 

これを読むべし!財務会計が苦手な人向けの本を3冊紹介!こんにちは、あせしです。私は2020年度の中小企業診断士試験に合格しました。 私も受験時代は財務会計は苦手で鬼門でした。 1...

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村