HACCP

もう迷わない!HACCPの資格を4種類紹介!

この記事ではHACCPに関する資格について紹介します。

あせし
あせし
これからどの資格を取ろうか考えている人向けです
この記事のまとめ

HACCPの資格について
・国家資格は無い(2021年5月現在)
・様々な団体が別々の資格を出している

①HACCPコーディネーター
②HACCP普及指導員
③HACCPリーダー
④HACCP管理資格者

など

・厚労省の通達により「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者」(衛食第31号・衛乳第36号)として習得すべき内容を定義し、おおむね3日間の講習会を推奨している。

・各団体の資格は、「3日間の講習会」をベースに取得要件を決めている。
・あせし的オススメは「HACCPコーディネーター」

●そもそもHACCPとは?

HACCPは

Hazard Analysis and Critical Control Point

の頭文字をとったもので
食品製造の工程管理の手法の一つです。

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、
原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、
それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、
製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

厚労省HPより引用

●HACCPを取り巻く環境の変化

令和3年6月より法改正により
原則としてすべての食品等事業者は
HACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務付けられました。
会社の規模等により「HACCPに基づく衛生管理」
または「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」

どちらかを実施しなければなりません。

HACCPに基づく衛生管理は計画の策定や
日々の帳票の記録・管理など負担が大きいため、
これまでは比較的大きな企業が取得に取り組んできました。

しかし、今回の法改正により

町の小さな豆腐屋さんや定食屋など
食にかかわるあらゆる業種が
HACCPに基づく(考えを取り入れた)衛生管理の
実施の対象となりました。

あせしは食品製造系のキャリアを積んできました。
これまでのキャリアと中小企業診断士の資格を活かした副業として
HACCP関連のアドバイスも飯のタネになるのでは?と考え、

HACCPの資格について調べてみました。

以下に4種類の資格を紹介します。
あせし的な取得しやすさを★で表しています。
(★★★易→★難)

src="https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/2754/9784798062754.jpg?_ex=128x128" />

中小企業診断士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本[第2版] [ 西條 由貴男 ]

価格:1,320円
(2021/1/29 15:25時点)
感想(0件)

HACCP資格一覧表

 

取得
しやすさ
★★★ ★★
資格名 国家資格 HACCPコーディネーター HACCP普及指導員 HACCP管理者資格 HACCPリーダー
(食品安全管理技術者)
認定機関 一般社団法人
日本HACCP
トレーニングセンター
公益社団法人
日本食品衛生協会
一般社団法人
日本食品保蔵科学会
一般社団法人
日本要員認証協会
研修等
費用
HACCP3日間講習
¥60,700(税込・初回登録料を含む)
合計
¥112,038
(HACCP導入研修
¥40,741
妥当性確認・検証研修
¥20,371
指導者養成研修
¥50,926
・ワークショップ
社会人¥20,000
学生¥7,000
*別途大学での単位取得費用
HACCP3日間講習
¥68,200(税込)
登録料 不明 正会員¥8,000
学生¥4,000
¥5,500
更新料 ¥20,000(3年毎更新) 不明 ¥4,000(4年毎更新) ¥11,000円

(1年毎更新)

取得要 ・HACCP3日間講習 ・HACCP3日間講習
・妥当性確認・検証研修
・指導者養成研修
・ワークショップ(HACCP3日間講習)
・大学等で指定単位習得
・HACCP3日間講習
・実務経験
協会等会費件 個人¥3,600/年 学会¥7000/年

1-1.国家資格

HACCPに関する国家資格は現在のところありません。

ただし、
総合衛生管理製造過程の承認制度に係る
平成9年2月3日付厚生省通知(衛食第31号・衛乳第36号)
「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者」の要件等について

という通達があり、
習得すべき知識を定義し、概ね3日間の講習会を推奨しています。
(このサイトでは以降「HACCP3日間の講習」と呼びます。)

そのため、以下の民間の各資格も
この要件に当てはまる講習会をベースに取得要件を決めています。

1-2.HACCPコーディネーター(★★★)

認定機関:一般社団法人日本HACCPトレーニングセンター

概要

食品企業のHACCPチームの一員として、
HACCP計画の策定、運用、検証などに携わります。
また社外から派遣されてコンサルティング活動として
HACCPチームに加わる社外コーディネーターも含まれます。

日本HACCPトレーニングセンターより

取得要件

「HACCP3日間の講習」に相当する以下の研修を受講する必要があります。

JHTC認定HACCPコーディネーター養成ワークショップ修了者
(または、
その他のJHTC認定HACCPワークショップ修了者、
またはそれと同等以上の能力を有すると認められる者)

日本HACCPトレーニングセンターより

費用

・JHTC認定HACCPコーディネーター養成ワークショップ
(eラーニング+オンライン学習2日間)
¥60,700(税込・登録更新料¥20,000を含む)

・登録料更新料
¥20,000、3年間有効

コメント

コストや取得要件を比較すると
今回紹介する資格の中で一番取りやすい資格だと考えます。
下で紹介する他の資格の様に学会や協会に支払う会費がありませんし、
eラーニングとコロナに対応したオンライン学習2日間で取得できます。
この資格のさらに上にはHACCP上級コーディネーター、
HACCPリードインストラクターがあります

 

1-3.HACCP普及指導員(★★)


認定機関:公益社団法人日本食品衛生協会

概要

HACCP普及指導員とは

HACCP普及指導員は、HACCPに関する知識を有し、
HACCPの構築や検証を行うことができ、
中小事業者のHACCP導入のニーズに応えられる人材です。

日本食品衛生協会より

独自の資格であった食品衛生管理士制度
(食品衛生に関する指導及び管理の業務を推進できる人材制度)を見直し、
平成28年より新たに「HACCP普及指導員制度」を設定しています。
日本食品衛生協会は全国の都道府県市にある食品衛生協会と連携して活動しています。
「HACCP普及指導員」は各地の食品衛生協会に所属する事業者に派遣され
HACCP導入の支援をします。

取得要件

「HACCP3日間の講習」
+妥当性確認・検証研修
+指導者養成研修

費用

HACCP導入研修  ¥40,741(HACCP3日間の講習)
妥当性確認・検証研修 ¥20,371
指導者養成研修 ¥50,926

となっています。

登録費や更新料はweb上に記載がありません。
詳細の情報は食品衛生協会に加入して
入手する必要があるようです。

個人での入会は¥3,600/年です。

コメント

研修のみで取得できるので比較的取得しやすいようです。
この資格は「食品衛生管理士制度」の流れを汲み
各県の協会から地元の事業者に派遣されHACCP導入の支援をするということで、
診断士の副業として活動する趣旨とはすこしズレる気がします…。

1-4.HACCP管理者資格(★)


認定機関:一般社団法人 日本食品保蔵科学会

概要

本学会のHACCP管理者資格(商標登録 第6019775号)は、
「HACCPに関する知識、その他の食品衛生に関する科学的・専門的な知識を有するとともに、
適切な教育・訓練を行うことができる体制が整備されている公益法人等」が
認定する民間資格と同等であり、
この資格者は、食品衛生法で定められた
「HACCPに沿った衛生管理の制度化」においてもHACCPシステムについて
相当程度の知識をもつと認められる者に相当します。

日本食品保蔵科学会より

取得要件

本学会のHACCP管理者資格は、食品製造の実務経験のない社会人および学生に対しても、
実社会に貢献できる基礎知識と応用知識の両修得をもつことで認定される、下記の2段階認定制度となっています。
(1)大学院・大学・短大における修得単位を基にした認定(基礎科目認定)
(2)学会主催のワークショップを受講またはそれと同等の講義科目を履修することによる認定(HACCPワークショップ認定)

日本食品保蔵科学会より

費用

・ワークショップ費用(HACCP3日間の講習に相当)
社会人¥20,000
学生¥7,000

・単位取得費用
別途必要
・申請費用
正会員¥8,000
学生¥4,000

・維持費用
¥4,000(4年毎更新)
・日本食品保蔵科学会の年会費
¥7,000/年(不課税)

コメント

実務経験が無くても取得できるシステムになっています。
その反面、大学で単位を取得する必要があり

社会人にはハードルが高いですね。
(一部、実務経験で取得単位の置き換えが可能です。)

1-5.HACCPリーダー(食品安全管理技術者)(★)


認定機関:一般財団法人日本要員認証協会
(JRCA:マネジメントシステム審査員評価登録センター)

概要

HACCPの制度化に対応して、JRCAでは組織内のHACCPによる食品衛生管理を構築し
運用する重要な担い手や知識・経験豊富なコンサルタントの方々などを
”HACCPリーダー(食品安全管理技術者)”として
第3者の公平・構成な立場から客観的に評価し登録する事業を行っています。

日本要員認証協会より

取得要件

実務経験+「HACCP3日間の講習

実務経験

は以下の通りです。

(1)フードチェーン関連産業に係る2年以上の実務経験、
又は高等学校卒業以上の経歴を有していること。
(2)食品安全マネジメント分野に係る半年以上の実務経験、
又はこれと同等以上の教育を受けていること。

該当する食品安全マネジメント分野における実務経験としては、
例えば以下のものがある。

・所属する組織又は他の組織の HACCP システム又は
ISO 22000 等の食品安全マネジメントシステムの構築、運用又は統括に関わる業務
・ISO 22000 等の食品安全マネジメントシステムの内部監査又は二者監査の計画、実施、報告、改善に関わる業務
・製品の品質管理、品質改善に関わる業務

該当する教育には、例えば大学等におけるフードチェーン関連産業の品質保証又は食品安全、
HACCP システム、ISO 22000 等 FSMS に係る教育による単位修得等がある。

「HACCP リーダー(食品安全管理技術者)の
資格基準」
より

「HACCP3日間の講習」は
「HACCPリーダー研修コース」が設定されています。

費用

HACCP講習
¥68,200(税込
新規登録申請料
¥5500(税込
登録料
¥11,000/年間(税込)

コメント

食品関連の実務経験が必要な資格なので、未経験者のハードルは高いです。
その分、レベルの高い「使える資格」なのかもしれません。
実務経験が長くなるとさらに格上げされます。
Approved HACCP Leader → Experienced HACCP Leader

さいごに

この記事ではHACCPの資格について紹介しました。
国家資格はなく、民間の資格が4種類あるので
みなさんのキャリアに沿って、資格を選ぶ必要がありますね。

あせし
あせし
参考になれば幸せます!